Kid’sコース

21世紀を生き抜く子どもたちがここで世界に通用する英語力を手に入れる

21世紀を担う今の子どもたちは、ますます緊密に交流しあう世界の中で、それぞれの国を飛び越えてお互いの考えを理解するための高いコミュニケーション能力をもつことが必要不可欠となっています。そして英語は必ずその中心となる言語です。子どもたちが英語とうまく仲良くなるために、教育者からのどういうアプローチが必要かをイングリッシュ・マスターズは長い時間をかけて考えてきました。子どもたちが、英語で考えて英語で表現する力をしっかり身につけるためにはどういう学習が必要か、様々な実験と検証を経て教材を選定し、レッスンスタイルを決定しました。そしてご紹介するのがこのプログラムです。

コース紹介

4大スキルをバランスよく、着実に習得していく、そしてさらにその先へ。

小学1-6年生を対象に、英語をはじめて学ぶキッズのためのスタンダードコースと、幼少期から英語教育を受けている経験者のためのバイリンガルコース。どちらのコースも段階的に「聞く」⇒「話す」⇒「読む」⇒「書く」4大スキルを着実に習得していくための学習カリキュラムを組んでいます。子どもたちの関心をそらすことなく毎レッスン、バランスよくそれぞれの技能を育てます。さらにそこから、英語を単なる知識としてではなく、積極的に使って自己表現する力を養っていきます。

徹底した少人数制のクラス

子どもたちの年齢が低いほど、クラスを少人数制にしなければならないと私たちは考えます。イングリッシュ・マスターズでは最大人数を5人とし、子どもたちと講師の距離はいつも目が合い、手を伸ばせるほど近いです。レッスンの始めから終わりまで子どもたちの集中力を持続させ、興味を途切れさせないようにすることを大切にしています。

プログラムを担当する講師陣

両コースとも専任のティーチング経験豊富な外国人講師とバイリンガル日本人講師が担当し、各コースの構成、カリキュラム作り、主・副教材の選定やマテリアルの開発を一つのチームとして行っています。講師は皆、とてもクリエイティブ。毎回のレッスンでは生徒たちの集中力や関心度を測りながら、その日のティーチングをどんどん積極的にアレンジしていきます。キャリアのあるプロの講師陣が手掛けるレッスンは常に新鮮で生徒たちを飽きさせません。

講師による研究会は定期的に行われ、そこではそれぞれのレッスンの進行状況や問題点も話し合われます。少人数クラス編成(最大5人まで)なので、生徒の名前は担任ではなくてもみんなが把握しています。誰かが壁にぶつかったとき、講師はたとえその生徒が他の担任のクラスであっても自分のクラスの生徒のように気づかい、知恵を出し合います。一人一人の成長が講師すべての喜びにつながっています。

教材

メイン教材となるテキストブックは、今一番新しくクオリティーの高い教材を厳選しました。米国ナショナルジオグラフィック誌で取り上げられている動物や諸外国の写真やビデオはリアルで美しく、子どもたちの好奇心を刺激すると同時に言語力もしっかりつけていける内容になっています。語彙、文法、ゲームや歌を子どもたちと一緒に勉強します。また復習や宿題もこの教材を使用して組み込んでいくことで学習内容の定着を促します。副教材にはCD,オーディオ教材を使って耳から、ビデオ教材、オンライン教材を駆使してビジュアルから子どもたちの記憶にしっかりと残るよう、積極的なアプローチを行います。リーディング教材についても講師が吟味し、選出したものを数多く取り揃えています。自宅学習において必読のものは購入していただき、スクールで紹介できるものはそのつど生徒たちに読ませていきます。

スタンダードコース
Standard Course

はじめて英語を本格的に学習する初心者のお子さまのためのグループレッスンコースです。「エイゴ」って何?という段階から始まる子どもたちが、中学生になるときには英語が一番得意な科目となり、自らどんどん積極的に学習していくことができる”Happy English Learner”になっていることがこのコースのゴールです。

受講料 ¥9,000+税/月
内容 小1-6対象・45分/1レッスン・週1回・5人までの小人数制・担任制 ・42回/年・振替は年間6回まで
point
「聞く」力をつけるために「聴く」
CDを聴きスタンダードな単語の発音を覚えていきます。講師の発音を聞き、様々な英語圏の人の発音を聞きニュアンスの違いも発見させます。歌を歌うことやチャンツも、楽しみながらリズムやイントネーションを覚えるのに効果的。毎レッスン必ず「聴く」時間があります。
point
「話す」力をつけるために発語させる
必ずショートストーリーを声に出して読ませます。初めての時には単語だけ、それがセンテンスになりストーリー全体をすらすら読めるようになります。「SHOW & TELL」はイベントでも扱う重要な発語の機会。最初は決められたセンテンスを立ってみんなの前で言う練習。だんだん自分で作った内容をスピーチとして言えるようになります。レッスンの中で頻繁に取り上げていきます。
point
「読む」力をつけるためにルールを知る
知らない単語を読むにはフォニックスで発音のルールを知ることが大事。まずは丸ごと音をまねることから、そしてフォニックスを覚えさせます。最初は恐る恐る、そのうち面白いように読み始める。わくわくするショートストーリーを集めたリーダーズのテキストもたくさん揃えています。それらを使用して多読させていきます。
point
「書く」力をつけるために作文させる
最初はアルファベットから。単語のコピー、文章のコピーが終わったら自分のことを書き始める。考えて書く。作文の基本形を英語で書かせます。
point
「考える力」をつけるために世界のことを知る
様々なアクティビティを通して英語圏の文化と日本文化の違い、英語と日本語のコミュニケーションの違い、そして原点となる人々の考え方や発想の違いに触れながら徐々に英語の本質を理解していきます。

バイリンガルコース
Bilingual Course

幼少期より英語圏での海外生活を経験した、あるいは英語教育に特化した幼稚園/保育園を就学したetc.高い英語力をすでに保有している子どもたちが、日本語を主体とした小学校の総合教育の中でもその力を失うことなくさらに年齢に応じたより高度な英語の使い手に育成することを目標に考案されたコースです。このコースでは4大スキル(speaking, listening, reading, writing)を年齢とともにさらに高度なレベルへ到達させていきます。プログラムリーダーであるBonnie Yonedaが考案し、このコースで自ら実践しているユニークなカリキュラムは、国際社会の様々なシーンで通用する正確で上質な英語が身につきます。また毎回のレッスンの中でくり返し講師が子どもたちに要求する「それぞれの考え」「それぞれの意見」は、豊かな自己表現の手段として英語を使わせることにつながり、子どもたちの社交性と自信をしっかり育てていきます。

バイリンガルコース

受講料 ¥18,800+税/月
内容 小1-6対象・コミュニカティブレッスン(45分)+リーディング&ライティングレッスン(60分)・週2回・42回/年・担任制・5人までの少人数制・振替は年間6回まで

バイリンガルコースW1

受講料 ¥12,000+税/月
内容 小1-6対象・コミュニカティブレッスンにリーディング&ライティングレッスンを取り入れた総合レッスン。 60分/1レッスン・週1回・5人までの少人数制・担任制・42回/年・振替は年間6回まで
point
「聞く」力、「話す」力をつけるためにコミュニケーションをする
講師のナチュラルな英語での問いかけやクラスメイトの答えは毎回聞く力と話す力を養います。様々な教材で地球や国々の自然や現代社会を視覚的に紹介し、子どもたちが我々の住むこの世界を探求したいという気持ちにさせます。探求心の向こうにあるのはヒトであったり習慣であったり、不思議に思う心であったり、「なぜ?」と問いかける気持ちです。ここではその気持ちを、英語を使って引き出すために講師が毎レッスンの中で様々な工夫を仕掛けます。インターネットからの情報であったり、ビデオだったり、ショートストーリーだったり。子供たちはドキドキわくわくしながら、英語に触れ、試し、応用する喜びを味わううちに英語の本質、そしてそれを使うための技能を、自信を持って習得することができます。
point
「読む」力、「書く」力をつけるために多読させ、考えさせ、作文させる
コミュニケーションレッスンの延長線上にこのレッスンが作られています。コミュニケーションでのテーマに基づいて今度は自分で本を読み、調べていく。発見させて、考えを発展させる。そして作文させていきます。作文することで自分たちの考えを表現する方法を学ぶことができるようになっていきます。
point
「考える力」をつけるために世界のことを知る
様々なアクティビティを通して英語圏の文化と日本文化の違い、英語と日本語のコミュニケーションの違い、そして原点となる人々の考え方や発想の違いに触れながら徐々に英語の本質を理解していきます。