Grammar & Composition コース

Grammar & Composition コース

大きく変化する英語教育に対応 Grammar & Composition コース

イングリッシュ・マスターズの新メイン・コース、4月からスタートしました!

Grammar & Composition コースは、小学1年生から大学入学までの12年間を通して、お子様に「国際社会で使える英語」を完璧に身につけてもらうためにイングリッシュ・マスターズが総力を挙げて取り組む、文法と作文力のためのコースです。
英語の骨組みとなる語彙量、文法量を基本から応用まで習得し、英語で文章やストーリーを作り上げる「作文力」を身につけていきます。このスキルはコミュニケーション力にダイレクトにつながり、英語の達者な使い手として必ず国際社会で必要とされる力となります。

学校英語が大きく変わり始めています!

ご存知の通り、文部科学省が発表した「2020英語教育改革」の提言を受けて小・中学校から高校での教育方針が大きく変わりつつあります。
大きく変わる点としてはまず小学5年生から英語が正式教科となり学校の成績となること、これによって小学校低学年から英語をさせておかないと大変なことになる、という考えが保護者の間でも当然の懸念として捉えられるようになってきました。私立小学校の場合はこの流れを先取りして英語教育の強化がより進んできています。同様に私立中学校でも入試科目に英語を導入するところがすでに増加してきております。

バランスの取れた4技能を完成させる必要があります!

大学受験では2020年の「新」大学入試において、英語4技能評価と外部資格試験での評価の導入が現実のものとなり始めており、受験生にはそのための具体的な準備が待ったなしで必要となってきました。

でもこれは一朝一夕にはできない!

イングリッシュ・マスターズでは「バランスの取れた4技能の習得とコミュニケーション能力の開発」を今まで通り推し進めていくと同時に、小学校・中学校・高校それぞれの節目で各学校が「2020英語教育改革」の前倒しで要求してくるレベルの条件をしっかり分析したうえで、生徒たちが常にポジティブに楽しく、しかもトップレベルの英語力を手に入れることができるように、各コースの整備をいたしました。

そして、新たにスタートさせたのがこのGrammar & Composition コースです。

コース紹介

キッズスタンダードコース
For Kids Standard Course

小学生にもしっかり理解できる教授法で中学文法を教えます。自分の言葉で作文ができる高い英語力を目指し、英検だけじゃない、様々な外部試験に求められる応用力を養います

単独レッスン

受講料 ¥9,000+税/月
内容 45分/週×42回/年

Wレッスンスタイル with Communication Course

受講料 ¥16,600+税/月
内容 45分/週×42回/年

このコースを受講していただくことで、小学生の早い時期からボキャブラリーをシステマティックに増やしていくことができ、また英語の屋台骨の部分である文法を理解するので、小学生の頃にありがちな「なんとなくわかったつもりの英語」から「英語の基本をマスター」し、さらに「応用的な作文力」まで、将来的に絶対必要とされる力を急がさず、慌てさせず、じっくりと養っていきます。

小学生Starters(ex.1-3年)
ここでの主な学習は語彙力の強化です。Communication Course でトレーニングしているPhonicsの用法を使って正確な発音ができ、すらすらと少し長い文が読めるようになっていきます。ボキャブラリーについてはCommunication Courseのメイン教材の中に出てくる単語+副教材で指定する単語を覚えていきます。ここで大事なのは、単語が書けるようになること。読めるだけではなく、きちんとスペルも覚えていかなければなりません。スペルを覚えることで単語のつくりの法則がいろいろと見えてきてくれます。
小学生Intermediates (ex.4-6年)
この時期には、英語の骨組みであるところの文法を少しずつ論理的に理解します。ロジカルな理解を得ることで、今までなんとなくわかっていたこと、なんとなくわからなかったことがすべてつながり始めます。うまく導入することで加速度的に英語力が伸び始めます。読みこなせる文章も長くなり、本当の意味での作文ができるようになってきます。大事なことは4技能のバランス。このスキルはコミュニケーション力にダイレクトにつながり、英語の達者な使い手として必ず国際社会で必要とされる力となります。
Intermediates1年目(ex.小学4年生)
では、具体的には中学校の1年で始まる英語学習の土台となっている文法を学習していきます。
英検で言うと5級レベルですが、英検ではちゃんとした単語や文章の「書き問題」を要求されることはありません。英検が取り扱う文法問題では4択問題が主体、そこには正解がすでに用意されているので本当に理解できていなくてもなんとなく勘で、いうことで正解を引き出してしまうことがあります。
このコースでは必ず「書くトレーニング」を入れていきます。正解を自ら引き出す力を養っていくのがここでの学習です。
Intermediates2年目(ex.小学5年生)
では中2レベルの学習、英検でいうなら4級レベルを学習していきます。外部試験で言うと、英検だけではなくTOEFL Primaryの内容も取り入れていきます。TOEFL Primaryは特にリスニングのレベルが高いので英検とは別に学習教材として取り上げる意義は大きいです。
Intermediates3年目(ex.小学6年生)
ここで、中3レベルの文法、英検でいうと3級レベルを主体に学習します。卒業時点では中学1-3年の基本学習がこの時点で終了しているため、中学生になってからの学校英語では上位成績を取得することがたいへん楽になります。ここまで来ると「自分で文章を作る力」はしっかり身についてきています。Communication Courseで言葉のキャッチボールができるのもこれ位からです。英検3級にはライティング問題が出てきますが、無理なくこなせるようになっています。
※小学6年生の時点で英検3級以上の合格級を保持することで、国立・私立中学受験に加点対象となる学校がますます増加傾向にあります。いくつかの私立難関校では準2級、2級レベルの取得も考慮に入れる必要があります。そこを目指すお子様については小学低学年のころからもっと学習進度を上げないといけない実情があるので、個別にご相談させて頂きます。

中学生・高校生コース
For JHS & HS Course

2019年新中1生は大学入試センターが定める外部試験を受験する1期生となります。

●的確な指導で英語が得意科目になり、もっと英語が好きになります

●塾では教えられない、会話に直結する文法が習得できるのでスピーキングが飛躍的に上達します。

●外部試験で通用する、より高度な文法と語彙を使いこなせる秀逸な作文力を育てます

単独レッスン

受講料 ¥12,000/月(税込¥12,960)
内容 60分/週×42回/年

Wレッスンスタイル with Communication Course

受講料 ¥18,800/月(税込¥20,304)
内容 60分/週×42回/年

2019年新中1生は大学入試センターが定める外部試験を受験する1期生となります。
TOEIC、TOEFL、IELTS、GTEC、TEAPなど大学入試センターが認めた外部試験を高3の時点で受験し、目標点数を取得するためには、長期計画に基づいた4技能の習得が必要になってきます。
すでに4技能審査に向けて本格的に英語のレッスンが変わり始めています。

イングリッシュ・マスターズでは、中1の最初の英語導入に最も力を入れています。ここで英語が好きになったお子様は、自分で進んで英語を学び、学校の成績でも結果を残しています。

①英語が好き→②自分から英語の勉強をする→③テスト結果に自分の努力が反映される→④もっと英語が好きになり自信科目になる、という好循環が生まれるからです。さらに、やはりなんといっても書き英語が入ってきますので、理屈で英語を理解することが何よりも大切です。そのうえで、インプットアウトプットの練習を繰り返すことで、英語力がさらに高まります。

中学1-3年生では、高校英語文法まで先取りしていきます。様々な語彙とより高度な文法を作文の中で使えるようになると※コミュニケーションレベルが相乗効果をもって飛躍的に上がることになります。

※コミュニケーション力をつけるために、このコースと並行してCommunication Course をWレッスンスタイルで受講していただきます。そちらでは、考えること、情報を得ることに重きを置いたテキストブックやサブテキスト、新聞やコラムなどをふんだんに使い、自分の意見を作れることをまずは入口として、仲間の話す英語を理解し、議論ができるようになることを目標としています。

高校1-2年生の間に、外部試験の最終ゴールを決定しそれを目指して学習していきます。英検準1級、1級レベルになると語彙数にして15,000語レベルを要求されるので、この級の受験を考える生徒は、英語以外の学科の受験勉強を考慮すると遅くとも3年生の6月までに受験を済ませておく必要があります。英検だけではなく、最初に取り上げたようにそれぞれの進路に合わせて受験する外部資格試験が変わり、目標も到達レベルも変わってきます。例えばアメリカの大学に留学を考えている学生にはTOEFLが必要ですが、イギリスをはじめとするヨーロッパ各国の大学にはIELTSあるいはケンブリッジ英検での検定結果が必要です。
日本国内の大学ならGTECやTEAPといった外部試験も有効です。どんな外部試験で英語の点数を取るか、進路が明確になってきた生徒にはそれぞれ専門の学習が必要になってきます。
つまり、高校生の場合はこのコースでの学習はほぼすべて応用のトレーニング、そしてさらに個別に目標を定めて、ゴールまでまっしぐらに突き進む覚悟が必要になって来るということになります。イングリッシュ・マスターズはそれらの特有のニーズにすべて対応できる柔軟なカリキュラムと受講システムをご提案していきます。