英語教育改革 はじまる

2020文部科学省は英語教育改革をスタートします

イングリッシュ・マスターズは2020英語教育改革を応援しています。

1. いったい何が変わる?

文部科学省2020英語教育改革

● 2020年 小学3年生から英語教育がスタートします。
ここでは必須科目として「外国語活動」としての英語がスタートします。

● 2020年 小学5、6年生から「教科」としての英語がスタート、成績が付くようになります。
文部科学省は2018年度より先行実施することを求めていますので小学校ごとに様々な取り組みがスタートし始めます。

● 文法が始まるの?
いいえ、小学校では文法学習はまだ始まりません。中学校からスタートするより本格的な4技能の英語学習の前哨戦として、小学校ではまず「聞く」「話す」からスタートし、簡単な単語や文を「読む」「書く」レベルを目指すことで中学校の英語学習に無理なくつなげていこうとしています。

● どんな学習が始まるの?
2020年小学5、6年生で年間70コマの英語授業が義務化します。その先行措置として2018年からは年間50コマの授業に増やし、簡単な読み書きや会話を学ぶ授業が始まります。卒業時に600語~700語程度の英語を覚えているレベルです。

● 中学校の英語授業は基本的にすべて英語で行われるようになります。
中学校では、さらにより対話的な授業がオールイングリッシュで行われ、「聞く」「読む」「書く」「会話として話す」「発表として話す」の5領域のスキルを身につけることにより英語コミュニケーション力をより強化していくことが狙いとなっています。

● 大学受験の英語が変わります。
2020年度から大学入学共通テストの英語に「大学入試英語成績提供システム」が導入されます。これは従来のシステムでは実現できていなかった学生たちのスピーキングやライティングの能力の判定を、外部団体の検定試験の結果を採用することで判断していこうというものです。こうして個々の4技能を大学受験時に直接評価することによって、バランスの良い英語教育が小学校から高校までの期間に必然性をもって取り組まれることを狙いとしています。

2. イングリッシュ・マスターズならだいじょうぶ!

すべてのプログラムが英語教育改革に対応しています。

POINT
未就学児対象プログラムの「A-B-Cコース」から、すでにイングリッシュ・マスターズの教育理念である「英語を聞き、話し、英語で考える力を持ち、英語で生活する能力を育成する」ためのレッスンがスタートします。ここではまず、英語の世界に触れることから始まります。フォニックスの導入もこのコースから。
POINT
小学生のためのプログラム、「スタンダードコースと」「バイリンガルコース」では、子どもたちに英語を「使う」ことの楽しさを知ってもらうことを主軸としてレッスンを進めています。知ってる単語をうまくつなぎ合わせて言いたいことを言える満足感を味わってもらいます。フォニックスは小学生コースの中学年で完結します。英語を読むためのツールが手に入るとショートストーリーも自分で読み始めます。トピックスを与えてそれについて英語で考えて英語で話す、というトレーニングは高学年から始まります。
POINT
イングリッシュ・マスターズでは、並行していわゆる外部団体による検定試験のための学習コースを設けています。小学生、中学生ではおもに日本英語検定協会による「英検」です。こちらの受験の仕方についてはスタートする時期、要求されるレベルが、通われている学校や目指す進路によって大きく変わってきます。当校では綿密に生徒の皆さんや保護者さまと協議しつつ、それぞれのタイムテーブルを割り出してレッスンしてもらっています。
POINT
中学生・高校生クラスでは、さらに英語でのディスカッションを中心に会話クラスを作っています。時事問題を英語で考えて話す、長文を読みこなす、また作文力をみがくこともレッスンの課題となります。
POINT
高校生、大学生クラスでは留学も一つのキーワードです。留学のための外部試験対策やコミュニケーション能力のさらなるレベルアップも課題となってきます。当校ではそのための対策プログラムを設けてスキルアップを図ります。この時期からは「英検」と並んでTOEFL、IELTSなどの世界基準的な検定試験が必要となってきます。イングリッシュ・マスターズならだいじょうぶ!それぞれの分かれ道で必ずプロフェッショナルなインストラクターをご用意できます。生徒の皆さんが安心してここで英語をマスターできるように徹底的にサポートしていきます。そして15年の間に数々の優秀な英語の使い手をここ奈良から世界へ送り出しております。

イングリッシュ・マスターズは2020英語教育改革を応援します。

今から20年後、50年後、100年後の地球全体の未来を想像し、振り返って日本という国を考えるとき、国を担う若者たちはどういう社会を造り上げ、どんな環境に身を置き、どのような経済活動を行い、そしてどれほどの幸福を得られているのだろうか。それは今この年代に生きる日本国民が将来の子孫のために考えていかなければならない問題です。
文部科学省が英語教育改革を打ち出すには、現状の教育全般に強い危機意識があるからです。迫りくる高齢化社会、少子化による主力働き手の減少は日本がこれから先長期間にわたって向き合わねばならない問題です。日本人が日本の中で日本人のためだけに働いたり生活したり文化を作り上げてきたのは、もう過去の話。これからは地球規模で暮らしを考え経済や文化を交流させなければ日本と日本に暮らす人たちを支えることはできません。語学教育はその入り口にある教育なのです。四方を大海に囲まれ、ほぼ単一の民族で成り立ってきた国、そこで作られた他国には流通しない言語によって長い間伝承され続けてきた常識や価値観、これを現代の世界基準に当てはめて柔軟性を持たせ、諸外国に理解を得るにはまず、他を知り理解することから始めなければなりません。英語という言語はその手始めのコミュニケーションツールなのです。ところが戦後何十年もの間、英語教育の重要性を分かったうえで、なお現在においてもこの一番ポピュラーな言語の導入が決してうまくいっていない現状に対して、政府は強い危機感をもって今回の改革に乗り出したと言えます。言ってみれば簡単なこと、英語が喋れて英語で働き英語で暮らせる日本人を作り出すということです。それはこんなにちいさな、街の語学スクールがいつも、いつでも真剣に考えていること。実は日本人がもうすでに持っているものはたくさんあるのです。問題はコミュニケーション能力。いかに自分を知り、自分から発信し、相手を理解し、考えを共有できるか、これからの日本と日本人のために。イングリッシュ・マスターズはこれまでも、これからも変わりなく同じ思いで英語教育を手掛けていきたいと思っています。この情熱が2020英語教育改革を応援することを信じて。